ランニングをこれから始めたい人のための、ウェアと道具選びのポイント

ランニングをこれから始めたい人のための、ウェアと道具選びのポイント

ダイエットや健康のために、ランニングを始めたいと思う人は多いですが、いざ始めようと思った時に、ウェアや道具などをどのように選ぶべきか迷う人も多いのでは?

この記事ではランニング初心者の人向けに、ウェアやその他のアイテム選びのポイントをまとめました。

参考にしていただき、楽しいランニングライフをスタートしていただければ幸いです。

ランニングをどうやって継続するか、という点で不安がある方はこちらの記事もどうぞ。

ランニングが続かない人向け!ラン歴4年の私がジョギング継続のコツ8個を教えます
ランニングをはじめたばかりの人にとって、一番のハードルは「いかにランニングを続けるか」という点につきます。寒い時や暑い時、体調が思わ...
スポンサーリンク
レクタングル336

ランニングウェア

少し走る程度であれば、コットンのTシャツでもかまいませんが、気温の高いときに長い時間走る場合には、かなりの発汗があるため、ポリエステル素材などを使ったランニング用のシャツがおすすめです。

ランニング用のシャツは、汗をたくさんかいても、通気性を高めることで、乾きやすく汗で重たくなったりすることがありません。
また、ランニング後にぬれたままのシャツをきたままだと、急に体温がうばわれて体調くずす可能性があります。

男性向けの注意点として、ランニング用のポリエステル系の素材は、走っている間に乳首が擦れたりするケースがあります。絆創膏やテーピングを貼って、擦れ防止をすすめます。

短パンも、太ももに張り付いたりすると、汗で重たくなることを避けるために、ランニングパンツを着用しましょう。

冬の場合は、体温を守るために、長袖や着脱がしやすいジャージを着ると良いです。

ソックス

ランニング用のソックスもいろいろな種類がありますが、私がお勧めするのは、指先が5本にわかれている5本指ソックスです。

5本指ソックスは、指の間が離れているので、指同士がこすれにくく、マメになりにくいです。

帽子、ヘッドバンド

ランニングキャップは、強い日差しを避けるという意味と、汗がしたたるのを防いでくれます。
発汗が多くなると、どうしても汗がおちてきて、目に入ってしみる、ということはあるのですが、防止があるときとないときでは、かなり違いがあります。

熱の吸収も考慮して、光の反射しやすい、明るい色のランニングキャップを着用しています。

また、汗防止には、ヘッドバンドも有効です。

ウエストポーチ

ウエストポーチもいろいろな種類がありますが、大きく分けると、ボトルをつけられるものか、つけられないもの、の2種類になります。

ランニング最中に、水分補給をいつでもこまめに取りたい場合、ボトルが取り付けられるタイプが良いでしょう。
ボトルの他にも、スマホや、小銭、エネルギージェル、アメなどを一緒に持てば長距離ランでも安心です。

ランニングコースにコンビニや自販機があって、水分はしっかり取れる場合、ボトルなしのタイプがおすすめです。

サングラス

日差しの強い日には、サングラスの着用をすすめます。
私はあまり日光のまぶしさに強いほうではなく、舗装道路の照り返しが強すぎて、目があけていられないということもあり、日中はサングラスをつけています。

ただ、サングラスをつけたときは、目の周辺の空気がこもり、蒸し暑く感じるときもあるので、気温の考えながら、着用しています。
それほど高価なものである必要はないでしょう。

書いた人

サイト管理人サムネイルランニングを愛する中年WEBディレクター。マラソンは2017年に初サブ4。趣味はWordPressいじり、プログラミング。好物は黒ホッピーと焼き鳥です。よろしくお願いいたします。twitter→@upwlife
スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
ランニングをこれから始めたい人のための、ウェアと道具選びのポイント
記事をお読みいただき、ありがとうございました。いいねでFacebookに更新をお知らせします。

フォローする