ラジオショッピングを聞いて学んだ商品のセールスのコツまとめ

ラジオショッピング

先日、たまたま耳にしたラジオショッピングの構成が、マーケティングやアフィリエイトに使えないかと、とっさにメモしたものをまとめておきます。

とある化粧水の宣伝です。

スポンサーリンク
レクタングル336

とある化粧水のラジオショッピングの流れ

■導入部

なぜ、xxxという会社が、この化粧品を開発したのか?
xxxがもともと持っていた別の製品のための技術を利用して、化粧品を開発した。

■商品の特徴を説明

化粧水の特徴を、「ぷるぷる」「しっとり」「じわー」「つかいごこち」という情感に訴えるような言葉を使って解説していく。

パッケージ、外観、香り、もわかりやすく伝える。

■なぜ、良い製品なのか、裏付けとなる解説

コラーゲン、プラセンタ、セラミド、エージングケア、など、美容分野で必ず使われるキーワードも盛りこむ。

ここで、開発した会社の技術力、特性が活かせている、という利点を説明。

■ユーザからの声

使った方からのお便り、という名目で、ユーザの声、評判、口コミを伝える。

そこでも、気持ちに訴えるワード、メリットをうたう。
「丁寧」「もっちり」「毛穴目立たない」

■最後の一押し

これからの乾燥の季節には、必須のアイテムです、と必要性も説得。
この商品1本で、5役の機能があるので、お得ですよ。

■限定価格

通常価格は、xxxx円のところ、「今回のお申し込みに限り」、なんと、xxx円です!
送料はもちろん無料です。

■さらにお得な情報も

本商品に加え、今回は特別に、〇〇○という、美容に素晴らしい健康ドリンクもxx本おつけします。

化粧品で肌ケアだけでなく、体の内側からも美しくなりましょう!

■最後にお申し込みの電話番号

TEL番号と、申込先の会社名を2回

■念押しの電話番号

TEL番号をもう一回つたえる。

おわりに

3分かそこらの宣伝ですが、ラジオですので、音声だけで申込みまでしてもらう以上、相当しっかりと設計されているように思いました。

ブログ記事で、商品やサービスのレビューするのにも役に立ちそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
ラジオショッピングを聞いて学んだ商品のセールスのコツまとめ
記事をお読みいただき、ありがとうございました。いいねでFacebookに更新をお知らせします。

フォローする