家族で効率良くマイルを貯める!ANA VISAの家族カードを作るメリットとその作り方

ANA VISAの家族カードを作るメリットと条件、その作り方

ANAのVISAカードを夫婦や家族で使いたい、というときでも、マイルを別々に貯めてしまうともったいないですよね?

この記事では、ANAのVISAカードを夫婦や家族で使いたいという人向けに家族カード作成のメリットと作成手順をまとめました。

これらを参考に、家族で効率的にマイルを貯めていただければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル336

家族カードのメリット

ANA VISAの家族カードは、次のような3つのメリットがあります。

1.貯めたマイルを家族で合算できる

飛行機の搭乗の他、クレジットカードでの買い物でマイルが貯まります。搭乗の場合は本人にマイルが貯まり、買い物の場合は本会員にマイルが貯まる形となります。

家族それぞれで貯めたマイルは、ANAカードファミリーマイルに登録すると合算して使えるようになります。

2.ANAマイルプラス加盟店での買い物でマイルがたまる

セブンイレブン、スターバックス、マツモトキヨシなどのANAカードマイルプラス加盟店で、ANAカードで支払いすると、マイルを貯めることができます。

ANAマイルプラス加盟店

3.ANAの各サービスでわりびき

次のようなサービス、店舗でANA会員割引が適用されます。

ANAの旅行商品、空港内店舗、ANAの機内販売、空港免税店など。

家族カードに入会できる条件

本人と生計を一つにする配偶者や両親、子供が入会できます。

引き落とし口座やカード種類は本会員と同じになるので注意が必要です。

家族カードの年会費

ANAのVISAカードで家族カードを作ることができるのは、次の4種類です。家族会員の年会費とあわせて表にまとめます。

カード種類 年会費
ANA VISA一般カード
ANA VISA一般カード
1,080円
(初年度年会費無料)
ワイドカード
ANA VISAワイドカード
1,620円
ANA VISAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカード
4,320円
ANA VISAプラチナプレミアムカード
ANA VISAプラチナプレミアムカード
4,320円

ANA家族カードを作るための申し込み手順

次に家族カードを作るための手順を紹介します。

本会員(本人)のVpassにログイン

本会員(本人)のVpassにログイン

三井住友カードのインターネットサービスであるVpassに本会員のIDでログインします。

資料請求画面へ進む

資料請求リンク

資料請求画面

ログイン後、ページ下部にある「資料請求」リンクをクリックし、資料請求画面へ進みます。

資料請求するカード種類を選択

カード種類を選択

資料請求するカード種類の「ANAカード家族追加申込書」を選択し、確認、決定まで進み、申請書の請求が完了します。

申込書が郵送で届くまで待つ

申し込み完了

申込書が登録してある住所に郵送で届くまで1週間ほど待ちます。

申込書が到着

1週間かからずに、申込書が届きました。

申込書が到着

本会員の名前やカード番号と、家族会員の氏名、生年月日、希望する暗証番号を記入し、のりづけしてカード会社に返送します。印鑑は不要で、必要項目を記入するのみでOKでした。6/20

まとめ

以上、ANA VISAカードの家族会員のメリットとカードの作成手順の紹介でした。

ANA VISAカードを使っていて、家族と一緒にマイルを貯めていきたいと考える人にとって参考になりましたら幸いです。

書いた人

サイト管理人サムネイルランニングを愛する中年WEBディレクター。マラソンは2017年に初サブ4。趣味はWordPressいじり、プログラミング。好物は黒ホッピーと焼き鳥です。よろしくお願いいたします。twitter→@upwlife
スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
家族で効率良くマイルを貯める!ANA VISAの家族カードを作るメリットとその作り方
記事をお読みいただき、ありがとうございました。いいねでFacebookに更新をお知らせします。

フォローする