ブログやアフィリエイトの必須スキル、WEBライティングの基本とは?

ブログやアフィリエイトに必須スキル、WEBライティングの基本とは?

ブログやアフィリエイトサイトでは、最も重要なのは、記事の質です。

まず、人が読んでわかりやすく、有益な内容であること、次にgoogleから見て適切な文章構造になっていることが欠かせません。

そのような文章を作成するには、どのような手順で作業を進めればよいのでしょうか?

今回は、WEBコンテンツのための文章作成術、WEBライティングの基本的な流れを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル336

WEBライティングの基本的な流れ

WEBライティングは、本や雑誌などの執筆と同じく、次の4つのステップで進めて行きます。

  1. 企画
  2. 執筆
  3. 編集
  4. 校正

次に、各ステップごとに解説します。

企画

もっとも重要なのが、この企画の工程になります。

しっかりと検索の需要があるキーワードを選定し、どのような人が何を意図をもって検索するのか?までを想定します。
その検索意図の答えとなるように、記事タイトルを決めます。

売れるキーワードを見つける!検索キーワードの調査ツール16個

キーワードでライバルサイトやそのテーマに関連するページの情報収集します。
情報収集した内容にもとづき、本文の構成を決めます。

執筆

企画のステップで、十分アイデアを練り、情報をあつめたのち、本文の仮の見だしと構成を決め、執筆を行います。
次の段階で、構成の見直しや誤字脱字の修正、SEOのためのキーワード調整などを行うため、まず、骨格となる原案レベルの文章を一気に書いてしまうほうが良いでしょう。

編集

執筆で作成した原稿を見直します。
コンテンツをもっと読みやすく、構成が自然な流れか、などをチェックしていきます。
それに加え、画像やレイアウトを調整していきます。

編集作業は、原稿を客観的に見直すことが必要なため、原稿作成後に例えば1日寝かすなど、時間をおいて編集にとりかかるほうがよいです。

アフィリエイトであれば、広告リンクやバナーへの誘導文、場所が適切かなども調整します。
サイト内の他ページに、記事テーマと関連している記事があれば、リンクを設置します。(SEO対策の内部リンクの効果も期待できます。)

校正

表記の間違いなど、文章全体を見直します。
記事タイトルや見出し(h1〜h3タグ内)に、検索エンジンに伝えたい適切なキーワードが配置されているかチェックを行います。

その後、最終チェックを行い、記事公開します。

おわりに

以上、WEBライティングの基本的な流れの紹介でした。
サイトやブログ運営で、ライティングに悩みを持っている方に参考なれば幸いです。

参考

本記事は、以下の本を参考にしました。

この本では、上記で紹介した4つのステップごとに、さらに詳細にポイントや注意点を解説してくれています。
興味のある方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
ブログやアフィリエイトの必須スキル、WEBライティングの基本とは?
記事をお読みいただき、ありがとうございました。いいねでFacebookに更新をお知らせします。

フォローする