男の自然なスネ毛処理!ギャッツビーのすきカミソリ(ボディヘアトリマー)を使ってスネ毛処理してみたよ

ギャッツビートリマー

今年のように強烈に暑い夏は、できれば男性も涼しげに足を出せる短パンをずっとはいていたいですよね?

でも、あまりにすね毛やもも毛がボーボーに生えていると、やはり周囲から「汚い」とか「暑苦しい」とか思われるんではないか、と考えてしまい、短パンスタイルを少し躊躇してしまうものです。

【ご注意】本記事には、中年男の薄汚いスネ毛写真が含まれます

そんな男性に、ほとんど手間いらずで、足のムダ毛を減らすグッズを紹介します。

ギャッツビーのボディヘアトリマー・すきカミソリです。

ボディヘアトリマー・すきカミソ

GB ボディ ヘアトリマー

すね毛がそれなりにボーボーに生えている私が、実際にこのグッズを使ってみましたので、実例写真入りでレビューいたします。

スポンサーリンク
レクタングル336

さっそくですが、使用前と使用後の写真をご覧ください

↓こちらが処理前の様子です。
処理前の様子

ご覧の通り、私のすね毛は剛毛というほど太くはないのですが、毛の数はわりと多めで、毛の長さもそれなりにあるため、しっかりとすね毛がボーボーという感じになっております。

↓こちらが処理後の様子。だいぶスッキリしました。
使用後のすね毛

カミソリや除毛クリームなどで処理した場合、毛が完全になくなってツルツルになり、不自然になってしまいます。
ですが、上記の方法であれば、自然な感じですね毛のボリュームを減らすことができます。

使い方

↓パッケージ裏面に、使い方の解説があります。
すきカミソリの使い方

今回は、目のあらい方と、目の細かい方のうち、目のあらい方で長め(6〜12mm)にカットすることにしてみました。

↓乾いた状態で、下から上へ(毛の生える方向と反対)肌にすべらせます。
すきカミソリでスネ毛カットする様子

チチチという小さな音を立てながら、スネ毛がカットされていきます。
痛みはまったくありません。

ひげ剃りのように、一気に短くカットされてしまうことはないので、少しづつ様子を見ながら、刃をすべらせることで除毛していけます。

購入したばかりということもありますが、切れ味はなかなかよく、ストレスなく毛が減って行きました。

注意点

濡れた状態だと毛が寝てしまい、しっかりとカットできないため、乾いた状態でカットします。

個人差ありますが、それなりの毛が周囲に飛びますので、新聞紙などで広めにカバーするか、浴室の場合、排水口のつまりに注意する必要があります。

取り扱い説明書には、水洗いについては記述がありませんでしたが、プラスチックにカミソリの刃が付いているだけのものなので、水洗いしてしまいました。
細かい毛が水だけでは落ちなかったので、刃に逆らわないように、ブラシで毛を落とし、水気をよく切っておきました。

おわりに

すね毛の脱毛に興味のない人が見たら、ひたすら見苦しいだけの記事となってしまいました。

今回、初めてスネ毛の処置をしてみたのですが、見た目だけでなく、体感として、足の周りが涼しく感じられました。

個人的には、ランニングをするときに、ランニングパンツになることが多いです。
今年の夏はこのスタイルで過ごして行く予定です。

GB ボディ ヘアトリマー

スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
男の自然なスネ毛処理!ギャッツビーのすきカミソリ(ボディヘアトリマー)を使ってスネ毛処理してみたよ
記事をお読みいただき、ありがとうございました。いいねでFacebookに更新をお知らせします。

フォローする