初心者による、初心者のための、アフィリエイトサイトのつくり方

初心者による、初心者のための、アフィリエイトサイトのつくり方

アフィリエイトについて学んだことをまとめていきます。これからアフィリエイトをやろうとしている人と、筆者自身のための記録です。

作業手順

  1. ジャンル選定
  2. 商材選定
  3. ドメイン購入
  4. サイト設置
  5. サイトデザイン、ロゴ
  6. kw選定
  7. kw毎のニーズ、ターゲットを決めて、記事タイトル作成
  8. 記事本文の見出し(記事の設計)
  9. 各見出しに沿ったコンテンツの収集・取材
  10. 記事のリード文、まとめ
  11. 記事の初稿をアップ
  12. GRCにキーワード登録、計測開始
  13. アクセスと順位チェック
  14. 関連記事へ内部リンク
  15. 順位状況を見ながら記事リライト

参入ジャンルをどうやって決めるか?

衰退ジャンル、医療ジャンルはやめる

競合が激しすぎるジャンルはやめる

クレカ、キャッシング、FXなど。
ただし、検証目的、競合がどのくらい強いのか実感を得るためのトライはしてみるべき。

上位表示を狙うのはトップページだけではない

トップページの上位表示にこだわらず、全ての記事で多様なKWで上位表示を目指す。むしろ、トップページは上位ではなくてもよい。

報酬が安すぎるもの、広告案件数が少なすぎるもの

成果報酬が安すぎるもの、1件1,000円以下のものは、やめておこう。成果発生を獲得するための労力が、単価1,000円と単価10,000円で金額差と同じくらい違うということはない。

案件数が1〜2社などの少なすぎる案件もやめておく。その広告主が出稿やめたら、他に紹介できる案件がなくなってしまう。

検索ワードの調査、選定

検索キーワードの種類

  1. 一般キーワード
  2. ジャンル、比較キーワード
  3. 商標、購入、口コミキーワード

競合サイトの調査

メインワードとサイトタイトルの決定

記事の作成

サイトのリリース後

サイトを初めて公開したときにやること

  • トップページのディスクリプションの確認・編集
  • アナリティクスに登録
  • サーチコンソールに登録、fetchする

記事を公開、または内容を編集したときにやること

  • 検索順位チェックツールに登録

記事をリライトするタイミング

GRC、サーチコンソールで狙ったキーワードで30〜40位くらいまであがってきたら、10位以内を目指して、記事をアップデートしよう。

  • 検索意図を満たした構成、文章になっているか?
  • 上位の競合記事をチェックして、不足している部分を強化する
  • 画像、イラスト、表、文章強調など、適切か?

考え方や姿勢、メンタル的なもの

世に出ているノウハウ、情報商材、本、他人の意見に対して、どう考えるか

100人いれば100通りの成功パターンがあるので、全ての情報を真に受けて、惑わされないこと。

参考になりそうな情報を得たら、自分で必ず実行してみて、成果を検証する。その中で、うまくいったものが本当のノウハウ・知識になる。

ネガティブな情報もその発信者自身の考え・経験に偏る可能性があるので、同じく本当かどうか試すこと。

完璧主義は厳禁

サイトや新規記事を公開するのに、100点を目指さない。30点の出来でよいので公開して、改善しつづける。

量と速度を優先する。特に初心者であるほど、数稽古。

量が質を凌駕する。

目標管理

月間で確定報酬xx万円を達成したい、これを手に入れたい、こんな生活をしたい、という心が踊るような目標設定は重要だ。

だが、それと同じか、それ以上に重要なのが、作業量や行動量に対する目標である。できるだけ、細かく具体的に日々の作業の進捗が計測できる目標が良い。

例えば、

  • 毎日1記事以上アップする(月に30記事アップする)
  • 1日500文字以上書く
  • 週に2万円以上、外注に記事を発注する など

設定のコツは、できるかぎり単純で、ちょっとがんばれば達成できるような、少しだけ背伸びした数字を設定する。

あまり無謀な数字(例えば毎日1万字記事を書く、など)を設定しても、達成できないので無意味化していき、そのうちに忘れてしまう。アフィリエイトの初期は、報酬どころか、サイトへのアクセスもまったくないというような、手ごたえのない時間が長く続く。そのため日々の地味な作業の中で小さな達成感を得ていくこと。

ちなみに、「1日xx時間以上作業する」のような仕事時間を目標することは、アウトプットのボリュームが計れないのでやめておく。仕事した時間を成果と考えてよいのは、給料をもらうサラリーマンだけである。アフィリエイトビジネスは違う。

作業が止まってしまう原因

アフィリ作業は継続性が一番重要だが、作業がどうしても進まないという状況にぶち当たることは多い。上司や管理者がいる会社とは違うので、作業を誰も強制しない。ずっとサボり続けることもできてしまう。

自分自身で気力・体力をコントロールしながら、仕事を継続しよう。壁にぶちあたってしまう原因は、次のようなものがある。

  1. ノウハウ・手法の情報を集めすぎ。どれがベストか、考えすぎてどれも手につかない。
  2. 格上の人と自分を比べすぎ。目標やモチベアップに参考にするのは良いが、格差を意識しすぎると、今やること、やろうとすることを信用できなくなる。月3万が月7桁の人と比べても、あまり意味がない。
  3. プレッシャーをかけすぎ。目標や作業量を計ることは重要だが、それにとらわれすぎてプレッシャーをかけてしまう。作業が進まない、数字が上がらない、ずっとこのままなのか?と否定的になっていないか。時に追い込みはOKだが、楽しむことを忘れない、楽しむ工夫を忘れない。
  4. 単純に疲れてる。寝る。しばらく別のことやって気分を変えてみる。